五日目

いつもありがとうございます。

病とは神から白紙のいただいたのぞ。その白紙の手紙を、親の手紙を子どもがどのように読むかですべて明らか。

肚で行く

どの視点で読むかによってとらえ方が大きく変わりそうな文書です・・・。深いですね。こういう風に読み手によって受け捉えが違うのが面白いところです。病気やしょうがいをもって生まれてきた子は、魂レベルが高くそれを選んで乗り越えることで肉体を離れるときに1つ、2つと成長して戻っていくと言っている方が何名かいらっしゃいました。池川明先生の胎内記憶ではこどもが親を選んでくるといっていますね。たまに間違えて入ってきたり入る予定の子をはねのけて入ってきたり、宇宙人(スターシード)とかはそんな決めて生まれてきてない気もしますけど・・・笑

これ何度読み返してもわたしこれじゃないかというのがわかりませんでした。感覚ですが、生まれてきたこどもがなにか持病があったり病気になったときにその真の意味は本人にしかわからないよという感じがしました。

これはみなさまぜひ考察してください笑そしてなにかひらめいたらコメント残していただけると面白いと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる