七日目

いつもありがとうございます。

幽界の裏打武器は、物・金・理屈・科学・我よしの智・力。神界の裏打武器はまことと口と心と行、神示と時の流れ。

肚で行く

この世界のシステムで生きていくには、所有するもの、そして何よりお金が必要であります。お金もエネルギーとして大切に扱うことで払う=祓うことができると思っていますがそれでもお金のシステム(紙幣)を生み出したのはいろいろ都合のいい人たちがいたわけですよね。

お米は昔日本では貨幣に使われていたようで、むかし私が住んでいた地域のお祭りにお米をもっていって、お米で支払いをするお祭りがありました。幼稚園のときの記憶はあまりないのですが、そのお祭りだけは私はとても記憶に残っています。お金ではなくお米でお支払いをしてそのお祭りの食べ物をもらうというのがとっても楽しかったんです。学生になって歴史を調べたときに昔貨幣に使われていたことを知りこの文化があのお祭りだったのかなって思いました。

まことと聞いたときに、新選組を思い出してそういえば誠の武士道の意味が気になりましたのでのせておきます。

とは 「」は武士道において至高の徳の1つとされ、侍の心髄ともいえる徳である。 という字の通り「言ったことを成す」との行動規範そのものを表す言葉であり、それゆえに武士は一度「イエス」と承諾したことを命に代えて実行し、ここから「武士に二言はない」という言葉が生まれてきた

誠 – 武士道 – Key:雑学事典より

武力、パワー、そして自分さえよければいいというのではなく、偽り飾らない情・まごころ・誠意を口にして行動する。心と行動の一致して修行、世のため、人のためを通して自分を高めていくのだと感じました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる